視察会・講演会情報

ホーム > 視察会・講演会情報 > 米国・ラスベガス開催の最新テクノロジー見本市 CES2020視察ツアー

米国・ラスベガス開催の最新テクノロジー見本市
CES2020視察ツアー 参加者募集

米国 ネバダ州 ラスベガス地区

  • 世界最大級のテクノロジー見本市として先端技術が一堂に会するイベント「CES2020」を小売業の視点から視察・体験頂くと共に、ラスベガスの街を巡る最新小売業態視察ツアーを企画致しました。
  • 是非、この機会に米国流通における最新テクノロジーの役割をご体感頂き、貴社様における将来の方向性を検討する上での一助にして頂ければ幸いです。
  • 現地在住のベテラン流通専門コーディネーターが会場、市内視察の折に同行の上、小売業の視点から会場の見所をご案内し、併せてアメリカの小売業の現状・最新情報をご説明致します。

視察概要

サムネール:パンフレット

パンフレットダウンロード(PDF:4,32MB)

米国・ラスベガス開催の最新テクノロジー見本市 CES2020視察ツアーについてさらに詳しい情報はこちらをダウンロードしてご覧ください。

GET ADOBE READER

※PDFがご覧になれない方はこちらからダウンロードできます。

日 程 2020年1月8日(水)~13日(月)
視察コース 米国 ネバダ州 ラスベガス地区
旅行代金
  • 日本小売業協会会員
    (一社)日本スーパーマーケット協会会員
    日本チェーンストア協会会員……………………………………………508,000円
  • 後援団体会員 ……………………………………………………………518,000円
  • 上記以外のご参加者 ……………………………………………………538,000円

※ 燃油サーチャージ・国内・海外空港諸税が別途必要となります。詳しくは旅行条件書をご覧ください。尚、上記代金は二人部屋の金額です。

募集人数 20名(最少催行人数10名)
申込締切日 2019年11月18日(月)
利用予定航空会社 日本航空・アメリカン航空、アラスカ航空
添乗員 同行いたしませんが、現地係員がお世話致します。
*尚、全行程、日本小売業協会事務局が同行いたします。
お申し込み方法

参加申込書に必要事項をご記入の上、下記宛にご送付ください。
お申込書受領後、御請求書を発行させて頂きます。
旅行代金のお支払いは2019年12月18日(水)までにお支払いをお願い致します。尚、銀行口座の情報はご請求書にてご案内させて頂きます。

参加申込書はこちら (PDF:1,101KB)

GET ADOBE READER

※PDFがご覧になれない方はこちらからダウンロードできます。

【お申込金・旅行代金振込口座】
銀行口座の情報はご請求書にてご案内させて頂きます。

【お問合せ・お申込先】
株式会社JTB 虎ノ門第二事業部 営業第四課
〒100-6051 東京都 千代田区 霞が関3-2-5 霞が関ビルディング12階
TEL:03-5539-2792
FAX:03-5539-2793
営業時間:月~金 9:30~17:30(土日祝及び年末年始休業)
担当:小澤/奈良/高木

企画内容に関するお問合せ 日本小売業協会
〒100-0005
千代田区丸の内3-2-2 丸の内二重橋ビル6階
TEL:03-3283-7920 FAX:03-3215-7698
担当:善木
協力 (一社)日本スーパーマーケット協会
日本チェーンストア協会
旅行企画・実施 株式会社JTB
観光庁長官登録旅行業第64号
後援 日本商工会議所
東京商工会議所
企画協力 日本小売業協会

企画にあたって

近年、小売業の世界的潮流として、最新のテクノロジー導入によるリアル店舗とデジタル融合によるオムニチャネルが加速化し、小売業のインテグレーション(再構築)が推し進められています。
皆様ご存知の通り、米国ではテクノロジーの力で急成長しているアマゾンが、「アマゾン・エフェクト」として小売業に大きな影響を与えており、2019年の売上予測では前年比30%増、全米売上高において小売業ではTopのウォルマートに次ぐ、5位にランクが上がる見込みです。。
米国小売業大手においても、この状況に手をこまねいている訳ではなく、テクノロジー導入を急速に進めて対抗しています。

全米小売最大手のウォルマートでは、現在、数多くのオンライン・リテラーを買収し、将来に向けAIを駆使した在庫管理・清掃ロボット、事前予約による商品の店内受取(ピックアップタワー・ピッアップサービス)、カメラによる顧客認識による顧客導線把握、顧客志向分析によるアプリを利用した各個人向け販促等、人材不足解消と販促を織り交ぜたテスト店舗をニューヨーク郊外で運営しています。また同時にラストワンマイル対応の配送実験の取組も進められています。

「CES2020」の開催規模は、昨年実績の4,500以上の展示ブース、18万人の参加者を上回る予定です。
小売関係の展示ブースも、AI(488社)、デジタル・ヘルス(521社)、ドローン(170社)、モバイル・ペイメント(142社)、その他CEテクノロジー(989社)、ロボテックス(341社)、センサー&バイオメトリックス(507社)、スマート・ホーム(1,089社)、VR&AR(386社)、ワイアレス・デバイス(1,058社)が出展予定とのことです。
*参加会社は、1社で重複する展示品をご案内しています。

ラスベガス滞在の4日間のうち、2日目・3日目はCES視察、4日目はラスベガスの各小売業態を視察予定です。(2日目と4日目にジェイ広山コーディネーターが同行致します。)
ラスベガスはコンパクトな街ですので、ウォルマート、クロガー、アルバートソンといった大手スーパー、顧客満足度の高いホールフーズ、トレダージョー、またディスカウントストアー、ライフスタイルセンター、アウトレットセンターを含む新しいタイプのSCが近隣に多く点在し、効率よく米国各小売業態を視察できます。

ホテルは、ラスベガスのダウンタウンにあり、CES開催時間帯は会場巡回バスがご利用できます。空港とホテルの往復、4日目の市内視察の際は、専用バスを使用致します。
*尚、CES開催時間帯以外の時間は、会場及び会場周辺からはタクシー等が個別ご利用できます。

参加お申し込み資料請求

参加お申し込み資料請求

ページのトップへ戻る